初心者向けのFXの情報では、「損が生まれた場合はナンピン買いすることでポジションの平均をコストを下げることができる」等と述べられていたりする事もありますがナンピン買いには目に見えない引っ掛けがあると考えます。ロスミンローヤル 評判

とりあえず、ナンピン買いの原理に関して易しく説明します。過払金返還請求の手続きを依頼する

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。

ドル買いなので、ドル高に向うほど利益が大きくなりますが反対に1ドル95円までドル安に推移したとします。

このままの状況で持ち続けたとしたら、プラスになるためには損した分円安ドル高に進む必要があります。

みんな、損は可能な限り早く取り戻したい願います。

この状況を打破するため最初に注文したのと同じ額のドルを1ドルを95円でエントリーします。

そうすると、ポジション全体の平均のコストは1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。

つまり、半分の幅で円安ドル高が進行すれば、損失を失くせます。

これが、ナンピン買いの手法です。

こういうふうに、ナンピン買いの方法を聞くと、「もっともだ」という気分になるが市場は容易には思うようにはいきません。

元々、95円以下にならないとは、誰一人として分かるはずがありません。

もしも、為替相場が相当の円高の流れだったら95円では下げ止まらずに一段の円高になる確率が高いです。

仮に、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円までドル安が進んだらナンピン買いを入れた分についても、損失が生まれます。

この状況では、最初に注文したドルと一緒に、二重の為替差損が生じる事になります。

この例のように、ナンピンは厄介です。

であるなら、マーケットが己のシナリオとは逆向きにどんどん進んだ場合、どのような対策で危険性を避ければいいのでしょうか。

取れる術は2つ。

ひとつはあきらめて損切りをする事です。

もうひとつの手段としては、その時点で、自分自身が持っている買いポジションを小さくする事で市場が元のようになるのをじっと待つことだけです。

消極的な対策だと感じる投資家もいるkもしれません。

だけど、所有している買いポジションに為替差損が生まれた時、一番危険の少ない対策はそれ以外には考えられない。

なるほど、理論上はナンピン買いする考え方もあると思います。

だけどナンピン買いは自身が損をしている場面で、ポジションを小さくするどころか、それとは反対にポジションを増やしていく考え方です。

これでは、危機を管理することなど、到底不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいずれは損失が回復するかもしれません。

だが、それより先に投資資金が無くなってしまいます。