自動車損害保険には任意保険と自賠責保険の二個のタイプがあるのです。自賠責保険、任意保険ともに、もしものトラブルに遭遇した場合の補償を想定したものですが実際の中身は違っています。2つの保険を比べると補償できる範囲が一様とはいえません。※事故の相手には、自賠責保険、任意保険どちらでも補償されようになっています。※自分に関しては『任意保険』のみによって補償されるよう取り決められています。※自己が所有する財産においては「任意保険」のみによって補償されるようになっています。自賠責保険だけでは、自分自身の手傷あるいは車に関する支援は受けられません。そして相手方への補償などですが自賠責保険は亡くなられたケースでは上限額三千万円後遺障害時上限額4000万円という風に定められています。賠償金が前述した額面を上回ることは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。またさらに相手方の乗用車・家屋を毀損してしまった場合に関しては事故を起こした者の全くの自己補償となると定められています。そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険という別の種類の保険が必須だという話になるのです。危害を受けた者に対する援助が主眼となっている任意保険という制度ですが、それとは違う補償があるのです。※相手へは死亡時もしくは手傷の他自動車・建物などといったもののものを補償してくれるのです。※自分自身へは同伴していた人も加えて死亡時あるいは負傷を補償してもらえるのです。※自己が所有する財産においては、愛車を補償してくれるのです。そういった多様な面について補償が抜かりないのが任意保険が持つストロングポイントです。保険の料金の負担は必要とならざるを得ませんが、相手のためにもマイカーに余計な心配を抱くことなく乗りたいのであれば加入しておくに越したことはありません。